転職 未経験 船員 船乗り ブログ

未経験から船員になりたい方がブラックな船会社に行かないように作成したブログです。質問など随時受け付けてます。参考になれば幸いです。

船員の仕事 アンカーワッチ 停泊当直

ここどこだw

現在錨泊中であります。

ヒントは、南の方です!


今日は、船乗りネタを!

船乗りっていまいち何するかわからないですよね?

今回は、停泊当直 アンカーワッチについて!

まずアンカーとは?
アンカーとは、錨⚓️のことです。

船を岸壁につけず錨を使い停泊することを錨泊といいます。

覚えといて損ないよw

アンカーワッチとは、錨泊しても休みにはなりません。

錨泊中も風や潮の影響で船が流される場合があります。

錨が効かない状況になったりします。

そのためブリッジに通常のワッチと同様に人を立てております。

海上保安庁からVHF無線での呼び出しもあったりします。

もし流される場合は、速やかにエンジンをかけ船体を止める!

一度錨を巻き上げ再度打ち直します。

まれに打ち直すことができず近くをぐるぐるするはめになったりします。

台風や低気圧で風が強い日は、かなり緊張します。

波や風が強ければ航海ができません。

なので風や波が収まるまで停泊します。

停泊できる場所も決まっているので自然と密集してくるわけですね!

一度かなり怖かったのは、左上にいた船がレーダーで明らかに流されているのがわかりました。

近くにいた船が無線での呼ぶも応答なし!

こちらも呼ぶが応答なし。

このままでは、当たるかもしれない。

エンジンをかけて避ける準備をするか?

悩んでいたら、無線で応答ありエンジンかけて立て直し中だとのことでした。

内心ドキドキです。

錨泊中って事故が多いんです。

航海のように景色が変わるわけではないので、
睡魔との戦いになります。

乗り上げたりぶつかったりする事故の大半は、居眠りですね!

どうしても過密スケジュールになりがちですから

焦らずゆっくり行きたいものです。

今日ものんびりいきましょう!