転職 未経験 船員 船乗り ブログ

未経験から船員になりたい方がブラックな船会社に行かないように作成したブログです。質問など随時受け付けてます。参考になれば幸いです。

悩みは尽きないものだ! 部下を育てるのは、上司の仕事 上司の姿を見て、部下は育つ

おはようございます。

昨日は、寝ようと思ったら友達から電話がありました。

仕事の悩みを相談されました。

内容は、

新人がいるのだけど報告を忘れたり頼んでおいたことを忘れたりする事が多い。

とのことでした。

なのでまず、友達に聞きました。

新人くんは、メモしているのか?

やはりしていないそうです。

メモしないことに対する指導をしているか?

している。

この時点で友達は、指導を怠っていないことがわかります。

なので新人さんに対する対応を変えます。

忘れてましたwwwすんませんwww

という反省していないような対応をしてくる場合は、どうするか!

同じようなミスを繰り返す場合
注意して変わらないのであれば同じミスを繰り返している事を伝える。

自分なりにミスをしないようにどうすべきかを考えさせる。

ここで忘れてはいけないことがあります。

かならず!

新人が一人で考えてもどう改善したら良いか?わからない場合があります。

なので一言でいいから

もし改善策がわからないなら一緒に考えよう!

と言ってあげましょう。

提案してあげることもありです。

他にもいろいろあります。

少しプレッシャーをかける場合

ミス繰り返していることを伝える。

改善策を考えさせる。

その改善策さえ考えない聞いてこない

という状態ならば

次のミスは、許さない!

などリミットがあることを示す。

ミスを繰り返している迷惑をかけている

ミスをみんなでカバーしていることを考えさせる。

これでも変わらない場合は、無理ですよ。

しかし新人だけに問題があるわけではありませんからね!

新人の能力を把握してどのような行動をするかなど考えて指示を出すのが上司の仕事です。

私の後輩にもいます。

メモを取らない。

報告内容を忘れる。

ミスを繰り返しています。

なのでこちらからアプローチしています。

メモ取ったか?

報告したか?

上に立つということは、行動をするように促すことも仕事なんです。

先を読んで全体を見渡せる能力が必要なんですよ。

私も完璧ではありません。

日々勉強です。

追記

私は、事故や怪我などに最新の注意を払って仕事しています。

もし上司や部下が危ないと思う作業をしていた場合は、序列関係なく危ないから辞めましょうと言います。

人は、横着をしたくなるものです。

しかしその横着が怪我や事故を発生させます。

死亡事故などの可能性さえ大きくなります。

危険を伴う作業の安全に対する意識を見ていけば上司の力量がわかります。

もう辞めるから本音を言います。

私は、怖いです。

本船の上司は、危険に関する認識が甘い!

手順が増えて手間が多くなるけど危険度を下げることができるやり方があるにも関わらず

危険だけど早く終われるやり方をやることが多いです。

私が意見具申しても聞き入れない場合が多い。

その結果ヒヤリとした自体は、かなりあります。

たまたま怪我などしなかっただけですからね。

このやり方を続けたらいつか誰か怪我をします。

私は、巻き込まれるのは御免です。

指揮官になるという事は、部下の命を預かっているのです。

部下の命を守る為に、一番安全な方法を取るのが指揮官です。

それができないのであれば指揮官になる能力がありません。

部下に嫌われても良いぐらい安全にうるさく指揮官を目指しましょう。

いつかわかってくれますからね。

後輩が指揮官の立場になったらうるさく言ってた意味に気づいてくれますよ。

部下を育てるのは、上司の仕事

上司の姿を見て、部下は育ちます。

あなたの仕事ぶりを、みんなが見ています。

誇りを持って仕事しましょう!